緑茶を飲むと吐き気がする。その原因について

緑茶というのは広い人に愛されている一方で、どうしても体質的に合わない人というのも存在します。

 

そう言った方が訴える症状として一番多いのが「吐き気や胃のむかつき」です。

 

 

カフェインが胃を荒らす

これには色々な原因が考えられますが、まず第一に挙げられるのがカフェインです。カフェインは眠気覚ましなどにも使われる刺激物であり、胃を荒らす原因となります。

 

ですから空腹時などに沢山飲んだりすると、胃が荒れて吐き気を催す原因となるのです。

 

これは体質的な物もあるので一概には言えませんが、もし何もない時に飲んで吐き気がするという場合は、胃潰瘍などの可能性も疑われます。

 

緑茶アレルギーを発症している

これはカフェインにも被る部分があるのですが、緑茶に対してのアレルギーを発症しており、口にすると吐き気が起こるという可能性もあります。

 

緑茶アレルギーは知名度的には高くありませんがお茶関係の製品を口にすると吐き気やのどの違和感、じんましんなどを発症してしまいます。

 

これ麦茶などであれば飲めるというカフェインアレルギーである場合や、茶自体にアレルギーがあるので他のカフェイン飲料なら大丈夫な場合など色々あります。

 

 

 

緑茶を飲むと吐き気がするというのは、アレルギーやカフェインなど色々な理由があります。場合によっては大病が原因のこともあるので、あまりにひどい場合は医療機関に相談しましょう。