偏頭痛の原因が緑茶のカフェイン?その真偽について

体質的にカフェインが合わない方などは、カフェインが含まれた飲料を飲むと偏頭痛が起こる事が有ります。

 

ただその一方で、偏頭痛の薬としてカフェインを上げる方などもいます。

 

それはどうしてなのでしょうか?

 

 

基本的に「カフェインは偏頭痛に効く」

薬としてカフェインが提供されるように、偏頭痛にカフェインというのは取りあえずききます。

 

そもそも偏頭痛とは、何らかの原因で脳内の欠陥が拡張されて起こると考えられており、カフェインには血管収縮機能があるので「開きすぎた血管を閉じる」事で偏頭痛を抑えるのです。

 

収縮→拡張のパターンがある。

それではなぜカフェインが偏頭痛の原因になるかと言うと、過度にカフェインを摂取すると収縮の後に反動で血管の拡張が行われるためです。

 

カフェインやタバコ、医薬品などを過剰に摂取する事で血管が収縮するのですが、収縮しすぎた血管が反動で拡張され、それが偏頭痛の原因となるのです。

 

基本的に適量であれば問題ないのですが、過剰摂取したり体質的にカフェインが合わない方などはこれが原因で偏頭痛になってしまうのです。

 

 

このように緑茶に含まれているカフェインは偏頭痛を抑える効果がある一方で、偏頭痛の原因となる要素も含んでいます。

 

適量であればまず問題ありませんが、緑茶を飲んで偏頭痛が起きるという方は、カフェインを疑ってみる事をお勧めします。

緑茶と吐き気の関係

緑茶は広い人に愛飲されている一方で、どうしても体質的に合わない人もおります。そのような方の原因や改善策についてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

 

緑茶と吐き気の関係

 

緑茶で吐き気がする方の原因として挙げられるのがカフェインの作用です。カフェインは眠気覚ましなどにつかわれる一方で胃を荒らす要因となります。空腹時などに過剰に摂取すると胃が荒れて吐き気を催す原因となります。体質的なものも関係していると言えます。

 

緑茶アレルギー

 

緑茶を飲んで吐き気がする方は緑茶アレルギーを発症している可能性があります。緑茶アレルギーはお茶関係を摂取すると吐き気やのどの違和感、じんましんを発症しますので注意が必要です。

 

緑茶が胃痛を引き起こす

 

緑茶のカフェインは胃を刺激し胃痛を引き起こす場合があります。緑茶を飲むと胃に違和感が出やすい方は、緑茶を低温で薄めに淹れる事でカフェインが出にくくなるので胃が痛くなることを防ぐ事ができます。緑茶を飲んで吐き気や胃痛が出る方はお試しください。

 

緑茶で吐き気を起こしやい方はカフェインレスの飲み物に変えてみるのも良いとおもいます。どうしても緑茶が飲みたい方はペットボトルの緑茶は避け茶葉から淹れた緑茶を飲む事をお勧めします。