妊娠中の緑茶について。何杯までのめる?

妊娠をなされた方というのは、色々な食事制限がついて回るものですがそのなかでも、カフェインが含まれた飲料の制限というのは制限の対象になります。
なのでコーヒーや紅茶などは二杯程度までといわれる子とが多いのですが、緑茶はどうなんでしょう。

 

 

コーヒーなどに比べると少ない

緑茶のカフェイン量というのはコーヒーや紅茶などに比べると比較的少な目で、この二つに比べると多少じは多目に飲んでも大丈夫と言われています。
ただ、やはりカフェインが含まれているのは確かなので、一杯から二杯程度に押さえておくのが一般的ではあります。

 

緑茶と貧血の問題

また緑茶にはカフェインの他に貧血の問題があります。
緑茶の成分には鉄分の吸収を妨げる成分も含まれており、その結果貧血になりやうしのです。
妊婦の方というのはどうしても貧血になりやすいのいで、あまり多量に飲むものではありません。

 

 

基本的に気分転換でちょっと飲む程度であれば問題ないのですが、カフェインが含まれているのは緑茶だけではなく、チョコレートなどにも含まれているので総合的な量で考える必要があります。なので、飲む前にかかりつけお医者さんなどに相談してから、自分の体調にあった分量を考えて飲みましょう。

緑茶と亜鉛の関係性

たんぱく質の合成や骨の発育に欠かすことができないといわれる亜鉛。緑茶には亜鉛が多く含まれていると言われていますが、他の物との食べ合わせによっては吸収が阻害される事もあると言われています。今回は緑茶と亜鉛の関係性等をご紹介したいと思います。

ビタミンCとクエン酸

ビタミンCとクエン酸は亜鉛の吸収を補助します。キレート作用により亜鉛などのミネラルを包み込み、吸収しやすい形にします。また緑茶にもビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCとクエン酸を摂取することで吸収率が悪くなる食べ物を一緒に摂取しても吸収率は上がった状態のままです。

緑茶とサプリメントの飲み合わせ

サプリメント等で亜鉛を吸収する場合、亜鉛は吸収されにくい性質をもっているので緑茶に含まれるタンニンの成分が吸収を下げる場合があります。亜鉛サプリメントをとり前後は緑茶は控えた方が良いでしょう。

妊婦こそ緑茶を

緑茶には胎児の成長を促す亜鉛やつわりを軽減させるビタミンCが豊富に含まれていて、安全に摂取できる大事な栄養素になるので適度の摂取する事をお勧めします。

 

亜鉛不足は様々な疾患の原因となります。コーヒー・紅茶・緑茶などの嗜好品の中では緑茶の一番茶に亜鉛が多いと言われていますが、濃いお茶は避け、適度に飲んだ方が良いでしょう。