緑茶で汚れてしまった服のシミ抜きの方法について

緑茶や紅茶の汚れというのは基本的に水溶性ですので、こぼしてしまったらすぐに水洗いをすることで大体は取る事が可能です。

 

しかし放置してしまうと、目立つシミが残ってしまう飲料でもあります。

 

そこでここではシミ抜きの方法を紹介しましょう。

 

 

水と台所用中性洗剤をためす。

まず、どんなシミでも一度水洗いをしてみる事をお勧めします。その上で落ちないようであれば、シミ部分に中性洗剤を垂らして手で揉んだり歯ブラシで叩くなどしてください。

 

ちなみにこの際使うのは中性の洗剤であればどのような物でも良いのですが、手につきやすいという事で台所用の洗剤をお勧めします。

 

簡単なシミであれば、大体これで落ちてしまいます。

 

駄目な場合は漂白剤か業者に

 中性洗剤で洗っても落ちないシミは、漂白剤に一晩つけ置きして洗い流すと落ちる事があります。

 

 それでもダメな場合や、水洗いや手洗いが禁止されているような衣料や布団などは個人では対応が難しいので専門の業者に頼むようにしましょう。

 

 

 お茶でついてしまうシミと言うのは水溶性ですので、早ければ早いほど落ちやすいです。なので、衣服などにこぼしてしまった場合は業者に任せるにしても自分でやるにしても、なるべく早めにシミ抜きを行うようにしましょう。