緑茶で薬を飲むのはNGなの?

錠剤やカプセルの薬を飲む時に普通の人はそのまま飲まずに水かお茶を使って飲み込みますよね。ですがその際に使う飲み物として緑茶がNGという話がありますが、何故なのでしょう。

 

 

薬を緑茶で飲むと何故悪い?〜抗生物質の効果を抑制する?〜

抗生物質、胃腸薬などの薬を緑茶と一緒に飲むのは一般的には良くないといわれています。

 

これは緑茶にふくまれるタンニンが薬の吸収を妨げるかららしいです。

 

またカフェインが含まれている頭痛薬や風邪薬は、緑茶の成分テアニンがカフェインの効果を抑制してしまうため薬の効果が低くなってしまうようです。

 

また頭痛薬や風邪薬と一緒にカフェインが多いコーヒーやお茶と一緒に飲むとカフェイン過多で頭痛に繋がることもあるそうです。

 

ただ最新の研究においては別に緑茶と一緒にのんでも薬の吸収に変わりはないという報告もありますし、結局どっちなのでしょうね。

 

まあ不安なようならやはり水で飲むのが無難だと思います。

 

ジュースと薬は一緒に飲んではいけない?〜飲み合わせNG!〜

薬によってはオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどと一緒に飲むと効果が薄まってしまう可能性があるみたいです。

 

果汁の酸性が薬の制酸剤の作用を抑制してしまうのだとか。

 

また一緒に呑まない場合でも、薬を飲む2時間以内にジュースを飲んでいれば、胃の中のジュースが薬の効果を妨害してしまうそうです。

 

なのでジュースを飲んだ後に薬を飲むならば十分に時間を開けた方が良いということですね。