緑茶のカテキン含有量はどのくらい?

カテキンは体脂肪の燃焼や抗ガン作用、インフルエンザの予防効果、抗菌作用など数えきれないくらいの効能があることで知られています。

 

 

緑茶に含まれているカテキン含有量

緑茶に含まれるカテキン量は一概には言えないですね。何故なら育った場所・育て方・成長具合によって違ってくるからです。

 

基本的には茶葉を摘み取った順番が遅いほどカテキンが豊富に含まれることになります。

 

摘み取った順番に応じて
■1番茶(新茶)
■2番茶
■3番茶
などと呼ばれるのですが、カテキン含有量でいえば1番茶が最も少なく、3番茶が最大になります。

 

ペットボトル飲料で比較するカテキン含有量

ペットボトル入りのお茶は大変人気ですが、それぞれのカテキン含有量を以下にまとめておきます。
■お〜いお茶:36mg/100mg

 

■伊右衛門:180mg/500ml

 

■生茶:246.7mg/500ml

 

■ヘルシア緑茶:540mg/350ml

 

とまあこんな感じです。

 

カテキン含有量ではヘルシア緑茶が断トツですね。ヘルシアはダイエット飲料として飲む人がほとんどです。

 

ただこれは推奨量が1日1本までといわれています。それ以上は過剰摂取になりかねないので注意しましょう。

 

カテキンの過剰摂取は肝臓障害につながる危険もあります。