べにふうき緑茶の花粉症解消効果がすごい!

べにふうき緑茶の花粉症解消効果がすごい!

近年べにふうき緑茶の花粉症解消効果が注目されています。

 

「べにふうき」って何?

べにふうき緑茶の原料「べにふうき」。これは日本発の紅茶・半発行茶兼用品種です。

 

つまり元々は紅茶用に作られていた茶葉なんです。

 

あまり農薬を使わずに栽培ができることが特徴で農薬の影響を心配する消費者には嬉しい茶葉ですよね。

 

花粉症に効果的?

近年の研究によりこのべにふうきに豊富に含まれているメチル化カテキンが花粉症のアレルギー反応を抑え込んでくれることがわかりました。

 

そのため目のかゆみや鼻づまり、くしゃみといった花粉症特有の症状を緩和してくれて花粉症持ちの人に特に推奨される飲み物として名前が挙がります。

 

意外にも即効性もありますので、飲んでから20分から60分くらいで効果が出始めるようです。

 

あとアレルギー抑制の効果はメチル化カテキンだけの効果ではなく、カフェインの作用のせいもあるそうです。

 

その他の効果

またべにふうき緑茶には花粉症予防以外にも発がん予防、抗菌作用、抗ウイルス作用など様々な効能があることがわかっています。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

ヘルシア緑茶の効果
ヘルシア緑茶の飲んだ方のネット上の感想や口コミをまとめてみました。
水だし緑茶の効能が凄い!
粉末緑茶のほうが日本人にはなじみが深いと思いますが水だし緑茶には水だし緑茶の良さがあります。
緑茶とほうじ茶の違い
緑茶とほうじ茶を比較した場合、結論からいえば効能という面だけでいえば緑茶が圧倒的に高いです。ほうじ茶が効能の面で緑茶に劣ってしまう理由は二つあります。
緑茶とコーヒーの違い
緑茶とコーヒーの栄養面・効能面・カフェイン面での比較をしています。どちらの方が健康の為の飲料として優れているのでしょうか。
緑茶と紅茶の違い
紅茶と緑茶の効果・効能の違いについてまとめています。成分や健康の観点から違いをまとめてみました。
中国と日本の緑茶の違い
世界のお茶市場において緑茶はマイナーな存在ですが、その中でも主な生産地は日本と中国の二つです。 中国はウーロン茶やジャスミン茶なども有名ですが、一番消費されているのはやはり緑茶なのです。 ただ日本と中国の緑茶は同じ緑茶と言っても違いが有ります。
緑茶の産地で違いがでるの?
緑茶というのはほぼ日本全国で育成されており、南は沖縄から東北まで量の違いはあれど北海道以外のほぼすべての都道府県で生産されています。 なので、産地によって品種や気候風土が変わり、そこで生産されるお茶はそれぞれ違った特徴を持ちます。

HOME