緑茶とコーヒーの違い

緑茶とコーヒーの違い

緑茶とコーヒーの栄養面・効能面・カフェイン面での比較をしています。どちらの方が健康の為の飲料として優れているのでしょうか。

 

心臓への効能

緑茶は血圧を血圧を下げるが、コーヒーはコレステロールを上げてしまう。

 

糖尿病予防の効能

糖尿病のリスク低減の効果はコーヒーの方が高い。

 

脳の老化防止の効能

コーヒーはパーキンソン病予防、緑茶はアルツハイマー病予防に効果的。

 

癌予防の効能

コーヒーは肝臓と結腸の癌リスクを低くする。緑茶も抗酸化作用により癌リスクの低減が期待される。

 

結石予防の効能

コーヒーは胆石を、緑茶は腎臓結石を予防する。

 

骨強化の効能

緑茶は骨強化の効果があるが、コーヒーは骨粗しょう症を促進する。

 

ダイエットの効能

緑茶は脂肪の燃焼を促進させるが、コーヒーにそのような作用はない。

 

 

まあトータルでみると効能の面では緑茶の方にやや軍配が上がるといった感じですね。ただコーヒーも若干のデメリットがあるものの飲みすぎなければ基本健康に良い飲み物です。

 

※カフェインの摂り過ぎに注意
どちらもカフェインを含んでいるので、飲みすぎると不眠や中毒といった副作用がおこる可能性もあるので適量にとどめておきましょう。量でいえばコーヒーのほうが全然多いです。ただどちらも寝る前に飲むと脳が覚醒したり利尿作用で起きてしまったりしてしまうので注意です。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

ヘルシア緑茶の効果
ヘルシア緑茶の飲んだ方のネット上の感想や口コミをまとめてみました。
水だし緑茶の効能が凄い!
粉末緑茶のほうが日本人にはなじみが深いと思いますが水だし緑茶には水だし緑茶の良さがあります。
緑茶とほうじ茶の違い
緑茶とほうじ茶を比較した場合、結論からいえば効能という面だけでいえば緑茶が圧倒的に高いです。ほうじ茶が効能の面で緑茶に劣ってしまう理由は二つあります。
緑茶と紅茶の違い
紅茶と緑茶の効果・効能の違いについてまとめています。成分や健康の観点から違いをまとめてみました。
べにふうき緑茶の花粉症解消効果がすごい!
近年べにふうき緑茶の花粉症解消効果が注目されています。
中国と日本の緑茶の違い
世界のお茶市場において緑茶はマイナーな存在ですが、その中でも主な生産地は日本と中国の二つです。 中国はウーロン茶やジャスミン茶なども有名ですが、一番消費されているのはやはり緑茶なのです。 ただ日本と中国の緑茶は同じ緑茶と言っても違いが有ります。
緑茶の産地で違いがでるの?
緑茶というのはほぼ日本全国で育成されており、南は沖縄から東北まで量の違いはあれど北海道以外のほぼすべての都道府県で生産されています。 なので、産地によって品種や気候風土が変わり、そこで生産されるお茶はそれぞれ違った特徴を持ちます。

HOME