中国 日本 緑茶 違い

中国と日本の緑茶の違い

世界のお茶市場において緑茶はマイナーな存在ですが、その中でも主な生産地は日本と中国の二つです。

 

中国はウーロン茶やジャスミン茶なども有名ですが、一番消費されているのはやはり緑茶なのです。

 

ただ日本と中国の緑茶は同じ緑茶と言っても違いが有ります。

 

炒って作る中国茶。蒸して作る日本茶

緑茶というのは、発酵を進ませない為に最初に熱を加えてある程度殺菌します。

 

殺菌をしないとそのまま発酵して紅茶になります。

 

中国茶と日本茶の大きな違いは、その熱の加え方で、中国茶は釜炒りで熱を加えますが、日本茶は上記で蒸して熱を加えます。

 

茶色な中国茶。緑色の日本茶

この違いが大きく現れるのは色です。日本茶は皆さんが良く見るように緑色になりますが中国茶は炒って作るので、日本の焙じ茶のように茶色になります。

 

これは味や香りにも違いが出てきて、中国茶は香りが強い代わりに味が薄く、日本茶は香りが弱い代わりに味が強いという違いがあるとされています。

 

その他の違いについて

その他の二国の違いとして中国ではメインは緑茶ですが、そのほかにもウーロン茶やジャスミン茶、紅茶など様々な種類のお茶があります。

 

逆に日本は緑茶がメインで、少量の紅茶やウーロン茶が有る程度という種類の違いが有ります。

 

 

 

このように同じ緑茶と言っても国ごとに違いが出てきます。

 

興味がある方は日本でも中国茶が購入できるので一度試してみてください。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

海外で売られる一般的な緑茶と日本茶の違い

緑茶は日本人にとっては馴染みのある飲料ですが海外では少し日本とは違う形で飲まれていることがあります。今回は日本と海外の緑茶に関する反応の違いをご紹介したいと思います。

 

 

日本の緑茶

 

日本の緑茶は比較的ノンシュガーです。緑茶というのは、日本人にとっては渋みやほろ苦さに加え緑茶本来のほのかな甘みを感じる事ができる繊細な飲み物です。手軽に飲めるペットボトル入りの緑茶も年々本格的になってきています。

 

海外で売られる一般的な緑茶

 

海外で売られている緑茶には必ずといっていいほど砂糖や甘味料が含まれています。日本以外の国の緑茶には砂糖入りが多く日本人からすると、甘い緑茶に抵抗を示す方は多いのではないでしょうか。

 

日本緑茶の味わい方

 

海外の方が初めて日本緑茶を飲まれると日本緑茶特有の渋みや苦みから飲みにくく感じることもあるでしょう。

 

しかし緑茶には多くの種類があり、それぞれ味も飲み方も違います。砂糖を混ぜて作った緑茶もあれば、お菓子と一緒に味わうなど種類にあった飲み方をすれば好みの味の緑茶がわかってきます。

 

 

緑茶にはそれぞれ旨味の出し方に工夫をこらして作られています。砂糖の入っていない日本のお茶本来の甘味を感じることができればお茶通になれます。

関連ページ

ヘルシア緑茶の効果
ヘルシア緑茶の飲んだ方のネット上の感想や口コミをまとめてみました。
水だし緑茶の効能が凄い!
粉末緑茶のほうが日本人にはなじみが深いと思いますが水だし緑茶には水だし緑茶の良さがあります。
緑茶とほうじ茶の違い
緑茶とほうじ茶を比較した場合、結論からいえば効能という面だけでいえば緑茶が圧倒的に高いです。ほうじ茶が効能の面で緑茶に劣ってしまう理由は二つあります。
緑茶とコーヒーの違い
緑茶とコーヒーの栄養面・効能面・カフェイン面での比較をしています。どちらの方が健康の為の飲料として優れているのでしょうか。
緑茶と紅茶の違い
紅茶と緑茶の効果・効能の違いについてまとめています。成分や健康の観点から違いをまとめてみました。
べにふうき緑茶の花粉症解消効果がすごい!
近年べにふうき緑茶の花粉症解消効果が注目されています。
緑茶の産地で違いがでるの?
緑茶というのはほぼ日本全国で育成されており、南は沖縄から東北まで量の違いはあれど北海道以外のほぼすべての都道府県で生産されています。 なので、産地によって品種や気候風土が変わり、そこで生産されるお茶はそれぞれ違った特徴を持ちます。

HOME