緑茶の保管方法

緑茶を良質に保つ為の保管方法を紹介しています。

緑茶の保管方法記事一覧

いくら良いお茶を買ってきても、しっかり保管していなければすぐにダメになってしまいます。その結果、しっかりと保管した安いお茶に負けてしまうなんてことも珍しくありません。そこでここでは緑茶の保管方法についてまとめたいと思います。冷暗所に保管すること基本的にはお茶は高温多湿を好みません。また急激な温度の変化も良くはないので、一年中安定した湿度と気温を保てる場所が保管に適しています。なので一般家庭であれば...

「煮出しているから大丈夫」「お茶にはカテキンがあってこれは殺菌が」と言った具合で、お茶は腐らない物と考えている人が意外と多いのですが、もちろん緑茶も腐ります。カテキンなどの殺菌作用も確かですが、お茶自体は非常に足が速い飲み物なのです。雑菌と栄養素があればなんでも腐るそもそも「腐る」というのは細菌が繁殖して腐敗していることを指します。この腐敗というのは雑菌が繁殖しうる物であればなんにでも起こります。...

緑茶を水筒などに入れて外に持ち出すと、色や味が変わってしまいます。これは酸化の結果起こる事で、毒性が有るわけではないのですが従来の緑茶の美味しさは損なわれています。酸化を完全に止める方法はないまず最初に述べておきますが、酸化を完全に止める方法というのはこの世に存在していません。ペットボトルのお茶などは、多少時間がたっても大丈夫なように着色や酸化防止剤が添付されているので比較的長時間の保管が可能です...

お湯で抽出した緑茶は、添加物でも入れない限り一晩もしない内に駄目になってしまいます。しかし、茶葉であれば保管さえ心がければかなり長い間保管する事ができるのです。保管を心がければ一年は持つお店などで売られているお茶に書かれているのは「賞味期限」つまり「おいしく飲める期間」であり、それを過ぎたとしても味は保証されませんが飲める可能性はあります。お茶が駄目になる一番大きな原因は湿気によるカビや腐敗であり...

遠足や出かけるときなどに、水筒に緑茶を入れてもっていくかたというのは珍しくありません。そう言った方のお茶を見てみると、お茶が茶色く変色し味も変わっている事が多いです。これは何故起こるのでしょうか?緑茶が茶色くなるのは酸化が原因緑茶が茶色くなるのは、緑茶の成分が酸化してしまう事が原因です。緑茶に豊富に含まれるカテキン類などは酸素と結合し酸化しやすい性質があり、その結果茶色く変色し成分も変わってしまい...

緑茶が変色してしまう原因というのは色々あり、その原因によっては変色しても飲める場合がありますし、飲むと有害という場合もあります。一番多い原因である酸化緑茶を水筒などに入れて外に持ち出した事がある方なら、お茶の色が茶色に変色しているのを見たことがあるかと思います。これはお茶の中のタンニンが参加して茶色くなったもので、味や香りは大きく落ちますが飲めない事はありません。色素の沈下水筒で外に長時間持ち出し...