緑茶 茶色くなる

緑茶が茶色くなる理由について

遠足や出かけるときなどに、水筒に緑茶を入れてもっていくかたというのは珍しくありません。
そう言った方のお茶を見てみると、お茶が茶色く変色し味も変わっている事が多いです。
これは何故起こるのでしょうか?

 

緑茶が茶色くなるのは酸化が原因

緑茶が茶色くなるのは、緑茶の成分が酸化してしまう事が原因です。

 

緑茶に豊富に含まれるカテキン類などは酸素と結合し酸化しやすい性質があり、その結果茶色く変色し成分も変わってしまいます。

 

その他に豊富に含まれているビタミンやミネラルなどが時間がたつことで変化してしまうというのも合わせて、時間がたつと味と色が変化してしまうのです。

 

家庭では防ぎにくい

酸化し茶色くなったからといって飲めなくなるわけではないのですが、通常の物より味が落ちてしまいます。

 

この酸化を防ぐためにペットボトルなどでは酸化防止剤を入れたり、着色料で色を付けるなどの対策を行っているのですが、家庭で通常のように入れたお茶の酸化を防ぐというのは正直防ぎにくいです。

 

かつては旅行など際に持っていくのは熱を加えてカテキンの成分を壊し、酸化しにくくした焙じ茶が多かったようです。

 

 

 

色々な工夫の元で色が変わらないお茶というのも考えられていますが、完全に防ぐことは難しいというのがいまの現状です。なので、どうしても変色が気になる方は緑茶を外に持ち出すのはあきらめるしかないというのが実情です。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

緑茶の適切な保存方法

緑茶は乾燥しているので品質が安定していると思われがちですが実は変色しやすく保存方法に気をつけなければいけないのです。今回は緑茶の保存方法についてご紹介したいと思います。

茶葉は傷みやすい

茶葉は暑さや湿度、酸化によって傷みやすくなります。基本的には酸化と湿気を避ける事が重要です。室温が高くなりやすい場所には保管せず冷蔵庫に入れておくと良いと思います。冷蔵庫に保存する場合は他の食品に香りがいつりやすいのでしっかり密閉するようにしてください。

温度の差で変色が進む

緑茶が酸化する原因として温度の差が大きく関係してきます。冷蔵庫で保存している場合はなるべく出し入れを早くして温度の差がでないようにしましょう。開放後の緑茶は酸化のスピードが早まりますので酸化する前に飲むには開封後2週間位で飲み切るようにしましょう。

光の遮断で鮮度を保つ

緑茶の保存方法としておすすめは缶の中で保存する方法です。手間がかからず手軽に行える方法ですのでおすすめです。専用の茶缶が望ましいですが密閉性の高い容器であれば大丈夫です。できればなか中蓋があるものをおすすめします。

 

緑茶は様々な要素によって傷むため保存するのが大変です。しかし緑茶の効能・効果を良い状態で得る事ができるのいであれば手間をかけてても状態を維持する価値はあるのではないでしょうか。

関連ページ

しっかりと保管してますか?緑茶の保管方法について
いくら良いお茶を買ってきても、しっかり保管していなければすぐにダメになってしまいます。その結果、しっかりと保管した安いお茶に負けてしまうなんてことも珍しくありません。 そこでここでは緑茶の保管方法についてまとめたいと思います。
緑茶が腐るの?意外と多い勘違い
「煮出しているから大丈夫」「お茶にはカテキンがあってこれは殺菌が」と言った具合で、お茶は腐らない物と考えている人が意外と多いのですが、もちろん緑茶も腐ります。 カテキンなどの殺菌作用も確かですが、お茶自体は非常に足が速い飲み物なのです。
緑茶を外で楽しむ。酸化防止の方法について
緑茶を水筒などに入れて外に持ち出すと、色や味が変わってしまいます。 これは酸化の結果起こる事で、毒性が有るわけではないのですが従来の緑茶の美味しさは損なわれています。
緑茶はどれだけ持つ?お茶の賞味期限について
お湯で抽出した緑茶は、添加物でも入れない限り一晩もしない内に駄目になってしまいます。 しかし、茶葉であれば保管さえ心がければかなり長い間保管する事ができるのです。
緑茶が変色する原因
緑茶の葉は一見乾いているように見えて保存食のようなイメージがある方も多いのではないでしょうか。今回は緑茶の賞味期限や保存方法などについてご紹介したいと思います。

HOME