緑茶の体臭予防効果について

体臭が発生する原因というのは色々な物があるので一概には言えませんが、体臭の対策としてフラボノイドが効果があるといわれています。
フラボノイドは緑茶に多く含まれており、出がらしなどで体を拭くというのも効果的です。

 

 

フラボノイドの殺菌消臭効果

緑茶に含まれてフラボノイドというのはカテキンやポリフェノールなどとも呼ばれているのですが、これには抗酸化作用の他に殺菌効果があるとされています。
なので口臭予防にも効果がある他に、体臭の予防にもある程度ですが効果があると言われているのです。

 

出がらしで体を洗う。

緑茶を使った体臭予防の方法として一番手軽で効果的なのが、出がらしをガーゼなどで包みそれで体を拭くという方法です。
ガーゼなどを用意するのが面倒な場合などは紅茶のティーパックなどで代用する方法もあります。
ただし注意点としてアレルギーや肌が弱い人などの場合、これを行うと肌が荒れたりアレルギー反応が出る可能性があります。なのでそう言った方は行わないでください。

 

緑茶の体臭予防効果というのは呑んですぐに効果が出る物ではありませんし、体臭の原因によっては効果が無い場合もあります。
なので様子を見ながら他の予防方法と合わせて行ってみてください。

緑茶の口臭防止効果

緑茶の効果が健康に色々な作用があることが注目されています。その中で緑茶は消臭効果があり口臭の予防にとても良い効果があるそうです。今回は緑茶と口臭の関係についてご紹介したいと思います。

緑茶の口臭防止効果

緑茶が口臭軽減に効果的な理由として、口の渇きが解消されるので口の中を浄化し、口腔内の嫌な臭いを抑える働きがあるからです。口の中が渇いて唾液の分泌量が低下すると、口臭が発生しやすくなってしまいます。緑茶で口の中を潤す事は、唾液量の低下をカバーするだけでなく口腔内をきれいに洗い流す効果があります。

緑茶の有用成分の効果

緑茶の口臭効果には様々な有用成分が影響しています。緑茶にはカテキン・フラボノイド・ビタミン類といった抗菌・消臭成分がたくさん含まれています。これらの成分の作用により口臭予防に働きかけます。緑茶の出がらしが臭い消しとして利用されることもあり、緑茶のもつ消臭パワーが強力なものであることがわかります。

緑茶は口臭だけでなく加齢臭も予防できる

緑茶の成分のカテキンは口の中を清潔に保ってくれるだけでなく、体の中でニオイ成分を作らせないように作用するので単純な消臭効果だけでなく大元から作用してくれる機能性飲料です。

 

食事後に緑茶を飲むことで口臭を予防できます。また口臭を発生しやすい食材を知っておくことも口臭予防効果を上げる対策になるでしょう。飲むのが難しい方は緑茶でうがいをするだけでも口臭予防になります。