糖尿病 予防効果

緑茶には真偽が定かではない説から科学的に証明された説まで様々な効果が有るとされているのですが、その中でも有名なのが糖尿病の予防効果です。
緑茶にあるカテキンは血糖値の急激な上昇を抑える効果があり、その結果糖尿病の予防にも使えると考えられているのです。

 

 

糖尿病の原因について

そもそも糖尿病は血液中の糖が過剰になってしまう病気のことをいいます。
原因としては食生活の乱れによる分解機能の低下などがあげられるのですが、糖が上昇しすぎた結果糖病になり様々な問題や病気を併発してしまうと言うわけです。

 

お茶に含まれる血糖値上昇を抑える機能が予防になる

一方で緑茶は血糖値を下げる事はしませんが、急激な上昇をおさる働きがあります。
そのため糖を分解する器官に過剰な負担がかからず、機能低下を避ける事ができますし、一度に多量の糖に対応しないことでしっかりと分解する機能が働くので、分解する量も増えて糖尿病対策になるというわけです。

 

血糖値をさげて糖尿病予防効果を期待する効果を期待するのであれば、一日で6杯から七杯程度の緑茶を摂取するとよいと言われています。
なので、糖尿病が気になる方や食生活の乱れが気になる方は食後に二杯の緑茶を飲んでみる事をおすすめします。