緑茶 咳止め

応急処置として。緑茶で咳止めができる?

風邪などの際に咳が止まらないというのは中々つらい物です。一番良いのは早く治す事ではあるのですが、治りたいと思って治るのであれば病人に苦労はありません。
そんな咳が止まらないときの応急処置として有名なのが、緑茶を飲むという物です。

 

そもそも咳は何故起こるのか

そもそも咳というのは、体に入ってきた異物に対しての防衛反応です。
ホコリや病原菌また気道に入ってしまった水などの異物を体が認識すると、呼吸を行うセンサーが反応して咳を起こしてその異物を外に出そうとするのです。
また、喉の粘液についた病原菌などを淡として出すためにも咳が起きます。

 

緑茶に限らずお茶は効果的

このようにのどについている病原菌などを払う目的で発生する咳を止めるには、まず空気の乾燥を避けるなどして禁を減らすことが大切です。
その上で、乾燥しているとのどが過剰に反応しやすいので緑茶など暖かい飲み物を飲んでのど内部の乾燥を止めましょう。
また暖かい飲み物を飲むと気道が広がるため咳が起こりにくくなります。
冷たい飲み物は逆に気道を縮めるので勧められませんが、暖かい飲み物であれば紅茶や麦茶なども効果が出ます。

 

乾燥などによる一時的な咳であれば、緑茶を飲み乾燥を避ける事で対策が出来ます。
ただし長期間咳が止まらない症状が出るのは病気が原因の可能性もあるので、お茶でごまかすのではなく、医療機関への早めの受診をお勧めします。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

緑茶で胃がん予防って本当?
昔から広く飲まれている緑茶ですが近年になって様々な効能が有る事が発見されてきており、健康食品としても注目を浴びています。 そのなかでも一時期大きな話題になったのが、胃がん予防の効果です。
緑茶の糖尿病予防効果について
緑茶には真偽が定かではない説から科学的に証明された説まで様々な効果が有るとされているのですが、その中でも有名なのが糖尿病の予防効果です。 緑茶にあるカテキンは血糖値の急激な上昇を抑える効果があり、その結果糖尿病の予防にも使えると考えられているのです。
夏バテ対策にお茶を飲もう
中国には五気、五性という物があり、それに関連して夏バテには熱いお茶を飲む」という物が有ります。 この他にも緑茶には水分補給や様々な作用など、夏バテに聞く特徴を持っているのです。
緑茶で肝臓の負担軽減!?
カロリーも無く、健康のためのミネラルも豊富な緑茶ですが、最近では肝機能に良い効果をもたらすという事でも注目を集めています。 カテキンやタンニンなど、緑茶には肝臓の働きを助ける成分が多く含まれているというのです。
緑茶で血圧低下が期待できる?
緑茶というのは奇妙な物で「血圧を上げるからやめなさい」と「血圧を下げるから沢山飲みなさい」という二つの意見が混在しています。 というのも緑茶には刺激物と同時に血圧低下に効果を持つ成分も存在しているからです。
緑茶で育毛?頭皮を緑茶で洗う効果
緑茶には色々な効果が有る事が知られていますが、その中でも一風変わった効果が「頭皮を洗う事で育毛になる」という物です。 これはカテキンやカフェインなどの効果で頭皮の洗浄や育毛がうまく出来るという物です。
緑茶がニキビに効果がある?
真偽のほどはさておいて、様々な効果があることで知られている緑茶ですが、その効果の多くはカテキンから来ています そのお茶に含まれているカテキンの効果として、ニキビの予防に効果があるのではないかと言われています。
緑茶の体臭予防効果について
体臭が発生する原因というのは色々な物があるので一概には言えませんが、体臭の対策としてフラボノイドが効果があるといわれています。 フラボノイドは緑茶に多く含まれており、出がらしなどで体を拭くというのも効果的です。
緑茶の疲労回復効果について
緑茶には、代表的なカフェインやカテキンの他にも様々な成分が入っており、疲労回復に非常に有効な飲み物であると言われています。 そのため健康維持やスポーツ関係の飲料として注目を集めており、世界的な生産も増えている傾向にあります。
認知症予防に緑茶が効果あり?
「緑茶に認知症予防効果がある」という研究結果が出されました。
緑茶を飲むことで偏頭痛が緩和
緑茶を飲むことで偏頭痛が緩和すると言われているのをご存知でしょうか。緑茶にはどのような成分があり偏頭痛を緩和するのか調べてみましたので、偏頭痛でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

HOME