緑茶 ミネラル

緑茶に含まれるミネラル分について

ミネラルは五大栄養素の一角を担っているように、健康維持や体を作るために非常に重要な要素です。

 

ただ、あまりしっかりとした理解がなされていない面もあるので、ここではミネラルの説明と緑茶に入っているミネラルについて説明したいと思います。

 

ミネラルとは

そもそもミネラルとは、体を作るために必要な必須元素の中で、四元素と言われる炭素・水素・窒素・酸素以外の成分をすべて指します。

 

なので、銅やヨウ素、プールの消毒に使われるヨウ素から、良くきくナトリウムまで幅広い物の総称となっているのです。

 

実はそこまで豊富ではない「緑茶のミネラル」

それでは緑茶に含まれているミネラルはどのような物が有るのかというと、ニンニクなどに豊富に含まれているカリウムが半数以上を占めており、100gあたり27mgあると言われています。

 

他にもナトリウムやカリスウムなど複数のミネラル分が含まれていますが、どれも5mg以下であり、ほぼカリウムがメインであると言ってよいでしょう。

 

またすべて合わせてもそこまで豊富にある、とは言えないのが正直なところです。

 

 

緑茶のミネラルが豊富というのは「緑茶の成分の割合として」であり、「他の食品などと比べて」ではありません。

 

そう言った曖昧な言い方で、宣伝する業者も多いので騙されないようにしましょう。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

緑茶のシュウ酸が結石の原因になる?
緑茶を意識的に飲まない人というのは、緑茶アレルギーの方以外にも、結石を気にするが上げられます。 結石というのは肝臓の中で作られ、陣痛よりも痛いという人がいる位の激痛を伴うのですが、お茶のシュウ酸が原因となる事があるのです。
緑茶に含まれるナトリウムについて
塩などにも含まれるナトリウムは、過剰摂取は体に害であるちと言われています。 一方で、ペットボトルの緑茶にはもろもろの理由でナトリウムが記載されているのですが、これは安全なのでしょうか?
緑茶から亜鉛が取れる?含有量について
お茶というのはミネラルが豊富である。とよく言われています。 そしてそのミネラルの中には、現代の生活で不足しがちな亜鉛も含まれています。 しかしミネラルと一口に言っても色々あり、緑茶で亜鉛を摂取するというのは不可能では有りませんが期待するほどの効果はありません。
緑茶の食物繊繊維含有量について
大腸がん予防に効果があると言われている食物繊維はお茶にも多く含まれています。 だからといって緑茶を飲めば食物繊維を摂取できるかと言えばそうではないので注意が必要です。
緑茶はアルカリ性?よくある勘違いについて
時折、「緑茶はミネラルを豊富に含んでいるからアルカリ性食品である。だから健康維持に大切なのだ」と言った説を目にすることがあります。実はこれは典型的な勘違いであり、ほとんどのお茶は中性から弱酸性に近い飲料です。

HOME