緑茶 亜鉛 含有量

緑茶から亜鉛が取れる?含有量について

お茶というのはミネラルが豊富である。とよく言われています。
そしてそのミネラルの中には、現代の生活で不足しがちな亜鉛も含まれています。
しかしミネラルと一口に言っても色々あり、緑茶で亜鉛を摂取するというのは不可能では有りませんが期待するほどの効果はありません。

 

そもそも「ミネラル」とは

糖質、脂質、蛋白質、ビタミンに続く五大栄養素に上げられることが有るミネラルですが、ミネラルというのはそもそも「生命維持に必要な元素の中でも、代表的な4元素以外の元素」の事です。

 

日本の厚生労働省では定義として、亜鉛・カリウム・カルシウム・・・と続く13元素の総称としてミネラルという言葉を使っています。

 

亜鉛の含有量は少ない

このようにミネラルというのが元素の総称なので、どれか一つが多いだけでも「ミネラルが豊富」という事が出来ます。

 

緑茶に含まれているミネラル成分の主な部分は、カリウム・マンガン・マグネシウムの三つです。

 

一方で、亜鉛の含有量は比較的多いとされる玉露茶でも100ml中に0,3gとそこまで多くは有りません。また緑茶に多く含まれているタンニンは亜鉛と相性が悪い傾向にあります。

 

 

複数の種類のミネラルを豊富に含んでいるので、緑茶は非常に健康に良い飲み物では有るのですが、だからと言って万能であるというわけではありません。

 

健康のために栄養摂取を心がけるのであれば、思い込みや広告に騙されずしっかりと栄養素を確認して摂取するようにしましょう。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

緑茶のシュウ酸が結石の原因になる?
緑茶を意識的に飲まない人というのは、緑茶アレルギーの方以外にも、結石を気にするが上げられます。 結石というのは肝臓の中で作られ、陣痛よりも痛いという人がいる位の激痛を伴うのですが、お茶のシュウ酸が原因となる事があるのです。
緑茶に含まれるナトリウムについて
塩などにも含まれるナトリウムは、過剰摂取は体に害であるちと言われています。 一方で、ペットボトルの緑茶にはもろもろの理由でナトリウムが記載されているのですが、これは安全なのでしょうか?
緑茶に含まれるミネラル分について
ミネラルは五大栄養素の一角を担っているように、健康維持や体を作るために非常に重要な要素です。 ただ、あまりしっかりとした理解がなされていない面もあるので、ここではミネラルの説明と緑茶に入っているミネラルについて説明したいと思います。
緑茶の食物繊繊維含有量について
大腸がん予防に効果があると言われている食物繊維はお茶にも多く含まれています。 だからといって緑茶を飲めば食物繊維を摂取できるかと言えばそうではないので注意が必要です。
緑茶はアルカリ性?よくある勘違いについて
時折、「緑茶はミネラルを豊富に含んでいるからアルカリ性食品である。だから健康維持に大切なのだ」と言った説を目にすることがあります。実はこれは典型的な勘違いであり、ほとんどのお茶は中性から弱酸性に近い飲料です。

HOME