緑茶 アルカリ性

緑茶はアルカリ性?よくある勘違いについて

時折、「緑茶はミネラルを豊富に含んでいるからアルカリ性食品である。だから健康維持に大切なのだ」と言った説を目にすることがあります。実はこれは典型的な勘違いであり、ほとんどのお茶は中性から弱酸性に近い飲料です。

 

ミネラルが多い=アルカリ性食品ではない

ミネラルというのは水に溶けやすいので、一般的にミネラルが多いとアルカリ性になりやすいです。

 

しかし、その食品の傾向というのはミネラルだけで決まる訳では有りません。緑茶は多くのミネラル成分を含んでいますがそれと同時に酸性の成分も多く含んでいます。

 

また緑茶の場合抽出に使う水の酸性度も重要です。一般的においしい緑茶というのは弱酸性の水で抽出されているので、ほとんどのお茶は中性より若干酸性よりの飲み物となります。

 

そもそも酸性=悪ではない

しかし緑茶がアルカリ性だからダメ、と言わけでもありません。

 

緑茶は健康維持に大切なミネラルを豊富に含んでいることは確かですし、様々な体質改善機能が有る事が判っています。

 

そもそも人間の体は不摂生をして体の機能が壊れていない限り体内の酸性度を一定に保つ仕組みが働くので、多少弱酸性に偏っても水などを多く飲めばもとに戻ります。

 

 

このような理由があるので、最近ではアルカリ性や弱酸性という事に拘らず、栄養をまんべんなく取ろうという主張が良く聞かれるようになりました。

 

アルカリ性や弱酸性と言った言葉に惑わされずに、しっかりと知識をつけてその上で緑茶を楽しみましょう。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

緑茶のシュウ酸が結石の原因になる?
緑茶を意識的に飲まない人というのは、緑茶アレルギーの方以外にも、結石を気にするが上げられます。 結石というのは肝臓の中で作られ、陣痛よりも痛いという人がいる位の激痛を伴うのですが、お茶のシュウ酸が原因となる事があるのです。
緑茶に含まれるナトリウムについて
塩などにも含まれるナトリウムは、過剰摂取は体に害であるちと言われています。 一方で、ペットボトルの緑茶にはもろもろの理由でナトリウムが記載されているのですが、これは安全なのでしょうか?
緑茶に含まれるミネラル分について
ミネラルは五大栄養素の一角を担っているように、健康維持や体を作るために非常に重要な要素です。 ただ、あまりしっかりとした理解がなされていない面もあるので、ここではミネラルの説明と緑茶に入っているミネラルについて説明したいと思います。
緑茶から亜鉛が取れる?含有量について
お茶というのはミネラルが豊富である。とよく言われています。 そしてそのミネラルの中には、現代の生活で不足しがちな亜鉛も含まれています。 しかしミネラルと一口に言っても色々あり、緑茶で亜鉛を摂取するというのは不可能では有りませんが期待するほどの効果はありません。
緑茶の食物繊繊維含有量について
大腸がん予防に効果があると言われている食物繊維はお茶にも多く含まれています。 だからといって緑茶を飲めば食物繊維を摂取できるかと言えばそうではないので注意が必要です。

HOME