緑茶 洗顔 方法

緑茶洗顔で美しい肌を?その方法について

緑茶に含まれている成分の中には飲むのではなく洗顔などにも使える物が多く、緑茶成分配合の化粧品なども多く存在しています。
そこで、緑茶の美白効果を使って、緑茶で洗顔をする「緑茶洗顔」というのもあります。
ここではその方法と効果についてまとめてみました。

 

カテキンの殺菌効果とビタミンを

 緑茶洗顔はカテキンの殺菌効果と含まれているビタミンの効果を得るために行う物です。

 

 カテキンの殺菌効果により、吹き出物などを除去できますしビタミンで肌に弾力を与える為、美白などにも効果ありとされています。

 

緑茶洗顔の方法

緑茶洗顔で使う緑茶は、一度入れた後の二番茶を使います。一番茶は濃すぎますし、使わずそのまま飲む方が良いでしょう。

 

二番茶を多少濃いめに入れたあとに、洗面器に移し水でニから三倍に薄めます。

 

そしてその水で顔を洗うというのが具体的な方法です。

 

洗い流したあとは水で洗うのではなく軽くタオルなどで拭く程度にしておきましょう。

 

また肌が弱い人やアレルギーがある方はやらないようにしてください。

 

そこまで難しい事をやるわけではありませんし、自然の物を使いながら美白効果があるとされているのが緑茶洗顔です。なので、興味がある方は一回試してみてください。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

緑茶のカテキンの抗ニキビ作用

緑茶に含まれる水溶性ポリフェノール類のカテキンが多く含まれており、その苦みや渋み成分がニキビの防止や治療に効果があると言われています。今回は緑茶にニキビに対する効果・効能についてご紹介したいと思います。

エピガロカテキンの抗ニキビ作用

緑茶のカテキンの抗ニキビ作用で特に効果があるといわれている成分がエピガロカテキンです。この成分の作用により肌荒れのアポトーシスを促しニキビの作用を妨げる働きがあると考えられています。

緑茶の抗酸化作用

緑茶の作用の1つである抗酸化作用は酸化で傷ついた細胞を修復する働きがありニキビを防いでくれると言われています。日常的に緑茶を飲んでいる方のニキビ発生率が低いという結果もわかっています。

緑茶で洗顔

緑茶で洗顔する際のポイントは二番茶を使用するようにして下さい。洗顔の仕方は通常通り洗顔剤など使用した後最後に緑茶で顔を洗って下さい。この時に緑茶をしっかり拭き取らず皮膚になじませるようにすることがポイントです。

 

飲んでも洗顔に使っても良しと緑茶は万能タイプです。身近にある緑茶でしつこいニキビに悩まされている方はぜひ試してみましょう。またお風呂に入れることで全身の美肌効果にも期待できます。

関連ページ

緑茶の日焼け止め効果について
緑茶というのは色々な効能がある事で知られており、美容関係でも育毛から洗顔まで様々な場面で使われています。 その中の一つに、緑茶に美白効果があると言われているのです。
緑茶をうまく使って臭い消しに
お茶の葉っぱというのは非常に臭いが移りやすい物です。 ですから保管の際には非常に気を使わなければならないのですが、この特徴をうまく応用して臭い消しに使う方法もあります。
緑茶の香水がある!?
香水というのは人工であれ合成であれ、香料を使って製造しています。 なので理論上はありとあらゆる臭いを作る事が可能であり、その中でお茶のにおいというのは定番の商品の一つとなっています。

HOME