麦茶が血糖値を下げる!?糖尿病予防に効果があるって本当ですか?

麦茶はスーパー飲料です。私たちの健康にとても大きな影響を与えることが分かってきました。血糖値を下げ、糖尿病予防にも効果があるんです!なぜでしょうか?

 

 

麦茶の血流促進効果が血糖値を下げる?

麦茶には、ピラジンという成分が含まれています。このピラジンこそが、血液をサラサラにする成分なんです。なぜ、血液がサラサラになることで血糖値が下がるのでしょうか。血糖値が高いということは、血液中に含まれる糖分の量が多いということです。そのため血液がドロドロになりやすいわけです。ピラジンは、その血液をサラサラにすることで、血流を良くしてくれますので、結果的に糖尿病になりやすい血液の状態を緩和してくれるのですね。

 

麦茶が糖尿病の合併症を防いでくれる

糖尿病そのものが引き起こす症状によって命が脅かされるというよりも、むしろ糖尿病の合併症によって命の危険が及ぶことの方が多いでしょう。例えば、失明や腎臓障害、手足のしびれなどが挙げられます。麦茶が持つ効果には、血液をサラサラにするだけではなく、抗ストレス作用や、血圧の降下作用、また抗酸化作用に胃の粘膜を守る作用まであるのです。これらの作用によって、糖尿病による合併症の症状を緩和してくれることが大いに期待できるでしょう。

 

いかがでしょうか?普段の水分補給を麦茶にしてみませんか?少しでも血糖値に不安があるなら、ぜひ麦茶を飲み続けることをお勧めいたします。特に大麦が原料になっていたり、ミネラルが豊富に含まれている麦茶がオススメですよ!