麦茶のおいしい入れ方

ご家庭で麦茶をどのように入れていますか?美味しい麦茶の入れ方をご存知でしょうか?ぜひこれからご紹介する麦茶のおいしい入れ方を参考にしてみてくださいね!

 

 

麦茶パックを入れて煮立てない

麦茶のおいしい入れ方にはコツがあります。そのコツさえ掴んでいれば、麦茶をおいしく飲むことができます。その秘訣の一つ目は、麦茶のパックを煮立てないことです。十分にヤカンなどで熱した湯に麦茶のティーパックを入れて、10分ほど【そのままにしておく】のです。そうすれば、煮出しした麦茶の豊かな風味や味わいを楽しむことができます。もし沸騰させているヤカンの中に麦茶のパックを入れたまま煮立ててしまうと、麦茶の苦味や風味が出すぎてしまい、味が濃くなりすぎてしまうのです。それで、沸騰させ終わったヤカンの中に入れて、【火を止めた状態で放置する】方法をしてみてくださいね。

 

冷めたら麦茶用のポットに移す

上述した麦茶の粗熱が取れて冷めてきたら、麦茶用のポットに入れて冷蔵庫内でじっくり冷やすと良いでしょう。そうすれば、味も香りも深みのある麦茶を飲むことができます。飲む際には、氷などで冷やさないようにしてください。氷が溶けて薄い麦茶になってしまうからです。確かに、水出し麦茶に比べたら手間がかかりますが、その分水出し麦茶では味わえない麦茶を飲むことができますよ!

 

結果として、麦茶は煮出しをした方が断然おいしいでしょう。ただし、時間や手間を考えて、水出し麦茶から始めてみると良いかもしれませんね。ご自分なりの麦茶の入れ方を研究してみても良いでしょう。