麦茶の種類

麦茶の種類

麦茶にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?麦茶の種類とその特徴について今回ご紹介しますね!

 

大麦とはと麦

麦には、いくつかの種類があります。小麦や大麦やはと麦などです。麦茶として使う麦は大麦とはと麦です。大麦が一般的ですが、大麦の中でも六条とニ条という種類が多く用いられています。

 

六条麦茶

最も麦茶に適した麦と言われています。デンプン質が少ないために、麦茶にしても水に溶け出すデンプン質が少なく、痛みや味に影響が少ないからです。そのために、麦茶が持つ麦独特の香りや味わいを存分に楽しむことができるという訳ですね。

 

二乗麦茶

大麦の中でも、二乗麦は主にビールになることが多い種類として知られています。六条麦茶に比べてデンプン質が多いのが特徴です。二乗麦茶の方が、六条麦茶とよりも安価に提供できることが売りと言えるでしょう。

 

四条麦茶

大麦の中でも四条大麦という種類に分類される麦があります。デンプン質が大麦の中でも最も多い種類です。そのため、香りが大麦の中でも一番良いとされています。ただし、中国では流通しているものの、日本ではほとんど流通していません。それで、日本国内で飲む機会は滅多にないでしょう。

 

はと麦

大麦と同じイネ科の植物です。たんぱく質やビタミンやミネラルなどを豊富に含んでおり、大麦由来の麦茶と並んで人気がある麦茶です。

 

結果として、麦茶が大抵は大麦から作られていることがわかりましたね。一重に大麦といっても、さらにその中で種類が分かれています。細かな分類分けをすれば香りや味に違いがありますので、機会があれば飲み比べてみるのも良いかもしれませんね。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

麦茶がコーヒー牛乳になるって本当?!何を混ぜるの?
麦茶にあるものを混ぜることで、コーヒー牛乳になることをご存知でしょうか?これでいつもの麦茶のイメージが変わりますよ!
麦茶に砂糖を入れる風習があるのはなぜ?
日本全国で麦茶に砂糖を入れる風習が少なからず残っています。なぜでしょうか?今回は麦茶に砂糖を入れる風習についてご紹介しますね。
麦茶のおいしい入れ方
ご家庭で麦茶をどのように入れていますか?美味しい麦茶の入れ方をご存知でしょうか?ぜひこれからご紹介する麦茶のおいしい入れ方を参考にしてみてくださいね!
麦茶の出がらしを食べることはできますか?
麦茶を作り終えた出がらしは食べることはできないのでしょうか?もともと大麦やはと麦が原料ですから、何か工夫できれば良いですよね。実は意外なものを作れるんです!
麦茶の原料の意外な産地
ご家庭で愛飲されている麦茶ですが、その麦の原産地をご存知でしょうか?意外な産地で驚かれるかもしれませんよ。
麦茶の歴史
麦茶の歴史をご存知ですか?日本で古くから親しまれている麦茶の知られざる歴史をご紹介しますね!
麦茶の水は水道水が良いか、浄水が良いか
麦茶を普段から沢山作って、ご家族で毎日のように飲んでおられる方も多いでしょう。その麦茶を水道水から作っていますか?それとも浄水からですか?どちらが良いのか今回ご紹介します!
麦茶の水出しにかかる時間
毎日の水分補給に欠かせなくなっている麦茶。でも、麦茶の水出しにかかる時間は一体どのくらいでしょうか。今回は、その点についてご紹介しますね!
麦茶は【歯磨き後】に飲んでも平気?
麦茶で【虫歯になりにくくなる】ということをお聞きになったことがおありかもしれませんね。では、歯磨きの後に麦茶を飲むと更に良いのでしょうか?
麦茶を早く冷やす方法
毎日のように作っても麦茶の消費が早くて、麦茶を効率的に早く冷やす方法があったら良いとお感じになりませんか?その方法をご紹介しますね!

HOME