麦茶にはカフェイン成分は入ってるの?!

ご自身やご家族の健康を考えると、水分補給としてカフェインの入っていないお茶が体に優しいと思われるでしょう。では夏に定番の麦茶にはカフェインは入っているのでしょうか?

 

 

ノンカフェイン

麦茶は大麦やハト麦などの【麦を焙煎】して作るのです。それで、茶葉に含まれているカフェインは麦茶には含まれていないのです。お茶の中でも、唯一麦から作られているのが麦茶です。それ以外のお茶は茶葉から作られていますので、カフェインが多かれ少なかれ入っているのです。麦茶にカフェインが入っていないことから、生後6ヶ月ほどを経過した乳幼児(離乳食に入った段階の)やお年寄りの方に至るまで安心して飲むことができますね。

 

ノンカフェインで0カロリー?!

麦茶はカフェインが入っていないでけではなく、カロリーも非常に低いのです。コカ・コーラやアクエリアスが42〜45kcal/100mlなのに対して、麦茶は1kcal/100mlなのです。普段の水分補給として麦茶を定期的に飲んでも、血糖値や脂肪分などを気にすることないんですね。水分補給として、水も勧められていますが麦茶には、水以上に豊富なミネラルや体に良い影響を与える成分が配合されています。それで、これまで水で水分補給をされていたなら、麦茶にするのはいかがでしょうか?夏の暑い時期には1Lの麦茶に1gの塩を入れると、体が失ったナトリウムを効果的に補給することができるでしょう。

 

いかがだったでしょうか?カフェインが入っておらず、また低カロリーな麦茶を飲みたくなったのではないでしょうか?健康だけではなく美容にも良いとされていますので、飲み続けていきたいものですね!