麦茶にはビタミンcが入っているか

健康に欠かせないビタミンc。普段口にする麦茶には入っているのでしょうか?今回は麦茶とビタミンcとの関係についてご紹介しますね。

 

 

健康に欠かせないビタミンc

ビタミンcにはいくつかの効能があります。一例を挙げると、皮膚や粘膜の健康維持を助けるという働きがあります。抗酸化作用もありますので、癌の原因となる活性酵素を除去してくれるのです。体内でビタミンcを作りだすことはできませんので、食品から取り入れる必要がどうしてもあります。成人が1日に必要とするビタミンcは100mgとされています。これを麦茶で補給できたら一石二鳥なんですが、麦茶にビタミンcは含まれているのでしょうか?

 

麦茶にはビタミンcが含まれている?

結論を言えば、Noです。ビタミンcは麦茶には含まれていません。では、なぜ市販されているペットボトルのお茶にはビタミンcが含まれているのでしょうか?

 

酸化防止剤】という名前をお聞きになったことがおありかもしれませんね。そう、お茶は酸化しやすい、つまり痛みやすいのです。それで酸化防止剤(科学的には、L-アスコルビン酸として知られている)を入れるのですが、実はこのL-アスコルビン酸はビタミンcのことなのです。

 

天然のビタミンcなら体に良いのですが、合成のビタミンcもあります。トウモロコシやジャガイモから人工的に作りだされたビタミンcなんです。実は、このビタミンcには発がん性や白血病、また何らかのアレルギーの症状が出るなどの危険が度々喚起されているんです。

 

結論として、ビタミンcを取るなら【天然の食品から】得るようにいたしましょう。ペットボトルのお茶に合成のビタミンcが入っているなら、健康を害する可能性があるかもしれません。ぜひ注意してくださいね!