麦茶に利尿作用はある?ない?

利尿作用があるかどうか分からずに就寝前に麦茶を飲んだり、外出先で麦茶を飲むことを気にされていますか?麦茶に利尿作用があるのか、それともないのかが分かればすっきりしますよね!今回はその点をご紹介しますね。

 

 

過剰な利尿作用はない

利尿作用のある飲み物として有名なのは、コーヒー、紅茶などのカフェインを配合しているものですね。他にもカリウムが利尿作用を持つ成分として知られています。麦茶にはカフェインは含まれていませんので、コーヒーや紅茶などのような利尿作用はありません。また、微量のカリウムは麦茶にも含まれていますが、成人が1日に必要とする量の400分の1しか含まれていないんです(麦茶100mlあたり)。それで、麦茶を飲んだからと言って極端に利尿作用が体に影響を与えるという訳ではありません。

 

利尿作用よりも全身の代謝の活発化

麦茶にはデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いようです。過度な利尿作用はありませんが、麦茶には体の余分な水分を体外に排泄してくれるカリウムの働きによって、むくみが解消されることが分かっています。血もサラサラになり、体中に栄養素や血液が循環しやすくなることから代謝も良くなることが確認されています。このように、麦茶を飲むことによって体には総合的に良い働きがあることが分かりますね。麦茶の中でもハト麦茶が注目されるのは、新陳代謝を活発にする効能があるからでしょう。これはアミノ酸によるところが大きいのですが、リンパにも働きかけてくれるので全身の調子が良くなるようです。

 

結論として、水分補給として麦茶はとても優れた飲み物です。利尿作用を気にせずに水分補給として麦茶はオススメですよ!