麦茶の飲み過ぎで太ることってあるのでしょうか?

麦茶の飲み過ぎで太ることってあるのでしょうか?

美容や健康に良いと評判の麦茶ですが、飲みすぎて太るということはあるのでしょうか?今回は、麦茶を飲みすぎて太るのかどうかについてご紹介しますね。

 

超低カロリー

麦茶のカロリーは同じ量のコカ・コーラやアクエリアス、また一般の清涼飲料水(アセロラドリンクなど)の40分の1程度のカロリーです。コカ・コーラは45kcal/100mlなのに対して、麦茶はなんと1kcal/100mlなのです。ですから、毎日のようにコカ・コーラを飲んでいれば太る可能性はありますが、麦茶を飲みすぎて太るということは考えにくいことですね。

 

超体に良い

麦茶が体に及ぼす良い影響は計り知れません。夏の暑い時期には熱中症対策として体温を効果的に下げる働きを持っていますし、血液をサラサラにしたり血圧を下げる働きまであるのです。胃の粘膜を守り、アトピー性皮膚炎の方にも安心して飲んでもらえて(胃が弱い方が多いとされています)、かつ肌荒れやアトピーにまで効果があるとされているのです。まさに万能薬のレベルですね。

 

太ることはないが【体が疲れる】ことはある?!

どんな飲み物にも言えることですが、キンキンに冷蔵庫で冷やした麦茶をたくさん飲むなら、胃に負担をかけることになります。水分は尿として出されるまでに一定の温度まで温められなければなりません。冷え切った麦茶が尿になるまでに体はエネルギーを使わなければなりません。それでせっかく麦茶で健康になれるのに、麦茶が冷たすぎることで体が疲れてしまうのです。ですから、ほどほどの温度で飲むことをオススメします。

 

結果として、麦茶で太ることはありません!ただし、水分補給は小まめに少しずつ行うようにしましょう。一度にたくさんのキンキンに冷えた麦茶を飲むなら体に負担となりますからね!

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

愛犬に麦茶を飲ませても大丈夫?!
わたしたちの健康に良い麦茶ですから、愛犬にも与えたくなるかもしれませんね。それなら、今回の記事でご紹介する点が参考になるでしょう!
麦茶が体を冷やすのはなぜか
麦茶を飲むと、体が効率的に冷やされると言われています。麦茶に隠された意外な効能について今回ご紹介しますね!
麦茶が吐き気の原因になる時
麦茶を飲んでいて、急に吐き気がしたことはおありでしょうか?その吐き気、もしかしたら麦茶が原因かもしれませんよ。
麦茶が胸焼けの原因になることはあるの?
胸焼けを経験されたことはおありですか?麦茶が胸焼けの原因になることはあるのでしょうか?気になる麦茶と胸焼けの関係についてご紹介しますね。
麦茶が腹痛の原因?!
麦茶で腹痛になると聞くと意外に思われるかもしれませんね。健康に良いことずくめの麦茶を飲んで腹痛になるなんて信じられないと思うからです。でも、実は、、、
麦茶が頭痛の原因?!
麦茶を飲んで頭痛になったことはおありでしょうか?もしかして、その頭痛は麦茶が原因なのかもしれません。頭痛と麦茶の意外な関係についてご紹介しますね。
麦茶でアレルギー症状が出たりしますか?
麦茶を飲んでいて、アレルギー症状が出ることはあるのでしょうか?麦茶は老若男女が安心して飲めると聞いていたので、意外なことだとお感じになるかもしれませんね。今回は、麦茶とアレルギー症状の関係についてご紹介しますね。
麦茶で下痢?!赤ちゃんに飲ませて本当に大丈夫ですか?
老若男女に麦茶は良いとされています。健康を増進し、美容にまで良い影響があるのです。その麦茶で赤ちゃんが下痢をすることがあるというのです。なぜでしょうか?
麦茶で便秘になるという噂について
麦茶を定期的に飲むなら健康になれるという事を度々お聞きになることでしょう。しかし、麦茶を飲むことで便秘になるという噂をお聞きになったことはありますか?実際のところはどうなのでしょうか?
麦茶に利尿作用はある?ない?
利尿作用があるかどうか分からずに就寝前に麦茶を飲んだり、外出先で麦茶を飲むことを気にされていますか?麦茶に利尿作用があるのか、それともないのかが分かればすっきりしますよね!今回はその点をご紹介しますね。
麦茶の飲み過ぎは健康に悪い?!麦茶に副作用はあるのですか?
健康増進や美容にまで効果があるとされている麦茶ですが、麦茶の飲み過ぎで健康に悪い作用があるのでしょうか?知られざる麦茶の副作用についてご紹介しますね。
麦茶は赤ちゃんにいつから飲ませられるか
老若男女に効果のある麦茶ですが、赤ちゃんにはいつ頃から飲ませることができるのでしょうか?
麦茶を妊婦が飲んでも大丈夫?麦茶ってカフェイン入っていないの?
麦茶は妊婦が飲んでも大丈夫でしょうか?麦茶の香ばしさを嗅ぐと、カフェインが入っているのではないかと思ってしまうかもしれませんね。実際はどうなのでしょうか?

HOME