麦茶の飲み過ぎは健康に悪い?!麦茶に副作用はあるのですか?

健康増進や美容にまで効果があるとされている麦茶ですが、麦茶の飲み過ぎで健康に悪い作用があるのでしょうか?知られざる麦茶の副作用についてご紹介しますね。

 

 

麦アレルギー

麦茶には血圧を下げたり、血液をサラサラにするなどの健康増進作用があります。また、胃の粘膜を守ったりもしてくれるのです。カフェインも入っていませんので、乳幼児から老年の方に至るまで安心して飲むことができるスーパー飲料なんです。でも、その麦茶ですら副作用があります。それは【小麦アレルギー】です。小麦に対してアレルギー症状を持っている方が飲むなら危険な状況を身に招く可能性があります。大麦だけでなく、ライ麦やオーツ麦も、小麦の遺伝子構造に似たものを持っていますので、体が小麦と勘違いしてしまい、アレルギー症状が引き起こされることになるかもしれません。ですから、医師と相談してから麦茶を飲むかどうかを決めなければならないでしょう。

 

疲れ

習慣として麦茶を飲み続けていくと健康増進や美容にも良い影響が及びます。しかし、冷蔵庫でキンキンに冷やした麦茶を飲み続けていくと、私たちの【内臓に負担】がかかります。体内に取り入れた水分は、尿として対外に排出される際には一定の温度に上昇させなければなりません。キンキンに冷え切った麦茶を飲めば、それだけ冷えた水分を温めるのにエネルギーが必要になり、かえって体が疲れることになるのです。ですから、常温の麦茶や冷やすとしてもほどほどにした麦茶を飲むことをオススメいたします。

 

結論として、アレルギーや冷やしすぎに注意していくと良いでしょう!問題が無ければ、積極的に麦茶を飲むようになさってくださいね。ぜひ麦茶で健康な毎日を!