緑茶には驚異的なダイエット効果があるらしい

肥満は万病のもとであり、たかが肥満とあなどっているとあとあと必ず後悔することになります。とはいえダイエットなんてする時間も、余裕もない・・・という方に是非おすすめしたいのが緑茶を飲むダイエット方法です。

 

 

緑茶のダイエット効果

ためしてガッテンなどでも緑茶のダイエット効果については特集されていましたね。

 

緑茶には体脂肪の燃焼を促進する効果があります。その理由は緑茶に豊富に含まれるカフェインやカテキンにあります。

 

この二つの成分は脂質を体外に排出し、脂肪の燃焼を助けることができるのです。とくに食後に飲むことで血糖値の上昇を抑えて、糖分が脂肪になりにくくなります。

 

食べる・飲むダイエット系には色々あるのですが、緑茶に関してはカロリーがとても低いので飲み過ぎで太るということも考えられません。

 

緑茶が苦手な人は少ない上、続けやすいことからダイエット初心者には向いている方法です。

 

冷たいお茶と暖かいお茶どっちのが効果がある?

ダイエット効果に関して言えば暖かいお茶のほうが高い効果が期待できます。

 

体が温まり血流が促進、新陳代謝が向上するのでより脂肪も燃焼しやすくなるからです。また冷たくなくともカフェインにはもともと体を冷やす作用があります。

 

ただ緑茶単体の栄養効果に関しては温かくても、冷たくてもほとんどかわりません。

 

ヘルシア緑茶と普通の緑茶の違い

同じ緑茶でもヘルシア緑茶という飲料水がありますね。これは普通の緑茶よりもたくさんカテキンを含んでいるお茶のことです。

 

つまりダイエット効果はヘルシア緑茶の方が高いということになります。

 

ただカテキンの過剰摂取は肝臓障害にも繋がるという研究報告もあるので、注意が必要です。

筋力の低下を抑える

緑茶は脂肪燃焼に効果があると言われていますが、他にも筋肉の成長にも有効だとされています。今回は緑茶成分と筋肉との関係についてご紹介したいと思います。

緑茶の運動効果

緑茶のカフェインが運動時間を持続させる効果があると言われています。またカテキンが脂肪をつきにくくし体作りに役立ちます。緑茶を飲むタイミングとして運動前に飲む事で、より効果を発揮します。運動前の一杯は運動中の脂肪代謝を促し脂肪燃焼効果を高め筋肉効果を高めます。

緑茶の抗酸化作用

緑茶には強力な抗酸化作用があるこの作用が筋肉痛の回復を遅らせたり、老化を進めたりする活性酸素を抑制します。また緑茶に含まれるカテキンによる効能が筋肉の損傷を軽減させる可能性があると言われています。

筋力の低下を抑える

緑茶の成分であるカフェインは筋肉に直接的に作用することで筋肉内の筋小胞体といわれる部分からのカルシウム放出を促します。これにより、強い筋収縮が得られ筋肉に大きな力を発揮します。

 

緑茶と筋力トレーニングは互いにガンの死亡率を下げると言われています。これらの事から緑茶と筋トレを習慣づける事で健康効果が得られる事がわかります。どちらも身近にできるものなので、ぜひ実践してみてください。