緑茶を食べる料理のレシピまとめ

緑茶は飲むのではなく、食べることで茶葉の栄養をまるごと摂取することができます。料理の食材としても利用できるのが緑茶の素晴らしいところです。

 

 

お菓子として

緑茶を使った料理といえば真っ先に思い浮かぶのがお菓子としての利用法ですね、ケーキやクッキーの生地に混ぜて焼くと滅茶苦茶おいしいですよ。

 

あとクックパッドで紹介されているのはマフィンにして食べる方法です。
⇒http://cookpad.com/recipe/3157955

 

・緑茶の茶葉
・卵
・砂糖
・薄力粉
・ペットボトルの緑茶飲料

 

があればできるみたいです。おいしそうですね〜

 

おかずとして

ご飯のお供として、焼きそばやたこ焼きの焼く味としてこまかく荒挽きしてふりかけにしたりするのもおすすめですし、青魚を煮る時に緑茶で煮れば骨がとても柔らかくなりますよ。

 

またミキサーで粉末状にして卵に閉じても美味しいです。入れ過ぎると苦すぎるのでほんのり香る程度にしておいたほうがいいですね。

 

推奨摂取量

どのくらいの茶葉を使えば良いのかといえば、カテキンの有効摂取量は1日1gと考えると、大さじ1杯分半くらいで十分ことたります。

緑茶に合うお菓子

緑茶とお菓子の組み合わせは気分を変えてリラックスさせる効果があると言われています。今回はお菓子に合う緑茶を見つけるポイントをご紹介したいと思います。

 

 

緑茶とチョコの関係

 

緑茶はコーヒーや紅茶ほど風味が強くないので、カカオの風味を消す事なくチョコレートの味を引き立たせてくれます。それでいて緑茶の存在感をしっかりと残してくれます。このバランスが緑茶とチョコレートの相性が抜群だと言われる理由になります。比較的どんなチョコレートにも合うのでぜひ試してください。

 

 

緑茶と洋菓子

 

洋菓子と緑茶の組み合わせはフードの味をより引き立てる働きがあると言われています。マカロン・クッキーとの組み合わせが特にお勧めです。さっぱりとした緑茶とケーキの相性もかなりのものです。生クリームやチーズケーキのような乳製品タイプの濃厚さにも合います。

 

 

定番の緑茶と和菓子

 

和菓子はお茶の美味しさを引き立たせてくれます。なかでも緑茶の渋みに最も合うと言われるのが和菓子です。そして茶葉によっては和菓子との相性も様々です。色々な組み合わせで探して見るのも一つの楽しみでしょう。和菓子はカロリーが低めのものが多いので、ぜひティータイムにどうぞ。

 

 

緑茶と甘いものを一緒に食べると、糖分が脳に補給され疲労回復にも効果的です。心と身体の疲労回復にぜひ緑茶と甘いお菓子を試してみてください。