緑茶をそのまま食べる!?茶葉の意外な利用法

緑茶をそのまま食べる!?茶葉の意外な利用法

緑茶は飲むものという概念しかないのが普通だと思いますが、飲む意外にも「食べるお茶」として活用できるのが緑茶の素晴らしい点でもあります。

 

緑茶を「食べる」利点

茶葉を食べることで、有効な摂取量のカテキンを最短で得ることができます。それというのも大さじ1杯分の茶葉を食べれば、緑茶6杯分に相当する栄養素を一気に摂る事ができるからです。

 

緑茶の食べ方

さすがに茶葉をそのまま食べるのは抵抗がある方が多いと思います。そこでオススメの食べ方を紹介します。

 

ふりかけにする

私がよくする食べ方です。荒挽きしたのちふりかけにするとなかなか香りがよくて美味しいです。

 

ミキサーにかけてジュースに

牛乳、フルーツ、野菜、それとお茶の葉をミキサーにかけて野菜ジュース風にします。苦みも気にならなくておいしいです。

 

お菓子にする

ホットケーキやクッキーの生地に混ぜて焼くと美味しいですよ。抹茶味のお菓子になります。

 

緑茶の葉の再利用

一度使った茶がらは大体の人は捨ててしまうと思うのですが、これにはまだまだ利用方法があります。

 

お風呂にいれて緑茶風呂にしたり、洗顔用の水にだしたり、キッチンの消臭・殺菌剤として利用したり・・・

 

緑茶って飲む・食べる意外にも本当に色々な活用方法があるんですよ。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

緑茶は産地によって味に違いがある

緑茶は産地によって味に違いがあります。今回は産地による緑茶の特色やおすすめの産地をご紹介したいと思います。知識を得る事でお気に入りの緑茶がきっと見つかります。

 

 

緑茶作りに適している地域

 

緑茶作りには温かい気候の環境が適していると言われています。お茶の産地でいけば日本全国にありますが、静岡、鹿児島のお茶は有名なだけあって定評があります。有名なお茶の産地に共通している点は、水がきれいで、霜がおりない、また日照時間が長い事など緑茶作りに良い条件が揃っていることにあります。

 

産地の水で味は大きく変わる

 

水の違いで緑茶の味は変わってきます。緑茶は硬水より軟水が適していると言われています。そして美味しく飲むポイントとして産地でとれた緑茶はその産地の水で飲むと美味しく飲む事ができると言われています。

 

 

産地によってこだわりの製法

 

代表的な産地として静岡と鹿児島の栽培方法を比較してみると静岡が露地栽培なのに対して鹿児島はかぶせ栽培が中心となっています。この生産地による作り方の違いも味覚の違いに関係しています。

 

 

同じ品種なのになぜそんなに味覚が違うと疑問に思う方が多いと思われますが、味の違いにはそれぞれの産地の特徴やこだわりが関係していることがわかります。こだわりによって作られる緑茶が品質の良い緑茶を生みだしているのではないでしょうか。

関連ページ

緑茶の美味しい入れ方 最適なお湯の温度とは
緑茶に豊富に含まれるカテキンやカフェインの健康効果・効能を科学的に証明する発表が注目を集めています。当サイトでは緑茶をはじめとしてお茶の効用・飲み方・注意点などあらゆる視点から情報をまとめています。
緑茶のティーバッグって何回くらい使い回す?
ティーバッグってなんとなく一回で捨ててしまうのはもったいないですよね。皆さん一度使ってティーバッグは何回まで使い回していますか?
緑茶を食べる料理のレシピまとめ
緑茶に豊富に含まれるカテキンやカフェインの健康効果・効能を科学的に証明する発表が注目を集めています。当サイトでは緑茶をはじめとしてお茶の効用・飲み方・注意点などあらゆる視点から情報をまとめています。
緑茶の種類とその特徴について
緑茶と一口に言っても普段飲んでいる煎茶から、金平糖などを添加した特徴的なお茶まで色々あります。 ただその中でも「混ぜ物をしない」「蒸し加工のみ」という事に注目すると概ね以下の4つに分けられます。
緑茶の生産量世界一はどこの国?世界のお茶事情
緑茶というのは紅茶やウーロン茶と同じように、チャノキの葉を加工して生産されます。 なので「お茶の生産量」が多いからと言って「緑茶の生産量が」多いという訳でもなく、世界のお茶市場の中で緑茶は二割程度してかありません。
緑茶の選び方について
緑茶と一口にいっても本格的な玉露から安価な番茶までさまざまな物が有ります。  その値段も様々ですし、味も変わるので場面や相手にあったお茶を選ぶことが大切です。
温度が重要。緑茶の入れ方について
緑茶というのは入れやすい物で適切な量の茶葉に適切な温度のお湯を注ぐだけで誰でもおいしいお茶を飲む事が出来ます。 またお茶を入れる場合は軟水が良い、とされていますが日本んは水道水が軟水なので、水道水をわかして使えばよいです。 このように非常に手軽に楽しめるのですが重要になって来るのが、お湯の温度です。
氷で緑茶を入れてみよう!氷だし緑茶の入れ方
お茶というのは、入れるお湯の温度が高ければ高いほど効率的に成分を抽出できます。 逆に冷たい温度で抽出すると抽出がゆっくり行われる上に、カフェインなど苦みの元となる成分が抽出されにくいので、甘みがあるお茶を入れる事ができます。
緑茶の急須の選び方
お茶を飲むのであれば絶対に必要なのが急須です。 急須と一口に言っても大きな物から小さな物、陶器や鉄器、茶こしの種類など色々な物があり、これを選ぶのも緑茶の一つの楽しみとなっています。 そこでここでは選ぶ際のコツを紹介してみます。
緑茶に合うお菓子って何?
食事の時から、午後の休憩の際まで様々な場面で楽しまれているのが緑茶です。 その際に一緒に楽しむお菓子というのは、特に決まりはありませんし様々な物と合わせる事が出来ます。
世界では砂糖入りの緑茶が普通?
中国からの旅行者がペットボトルのお茶を飲むと「なぜ砂糖入りではないのか」と驚く、というのは向こうではあるあるネタとして一つの定番となっています。  逆に日本人にとってみると「緑茶に砂糖を入れるのはおかしい」と感じてしまう訳ですが、ここに文化や風習の違いというのがあるのでしょう。

HOME