温度が重要。緑茶の入れ方について

緑茶というのは入れやすい物で適切な量の茶葉に適切な温度のお湯を注ぐだけで誰でもおいしいお茶を飲む事が出来ます。

 

またお茶を入れる場合は軟水が良い、とされていますが日本んは水道水が軟水なので、水道水をわかして使えばよいです。

 

このように非常に手軽に楽しめるのですが重要になって来るのが、お湯の温度です。

 

 

高温で入れる方が濃く、渋いお茶になる。

緑茶を入れる際の一つの目安としては、高温で長時間入れるほど良く成分が抽出されます。

 

なので、沸騰した直後のお湯で入れると非常に苦いお茶になり美味しくありません。ですから茶碗に一回入れるなどして、温度を多少下げて使ってください。

 

因みに適温は80度から70度程度と言われています。

 

他のお茶の場合

緑茶はぬるいお湯でだしてもおいしくはないとされているのですが、玉露の場合はお茶本来の味を楽しむ為に50度から60度くらいが良いとされています。

 

逆にほうじ茶などは良く沸騰している熱湯でさっと抽出した方が美味しくいただけると言われています。

 

最近では水や氷などで抽出する事で渋みや苦みを抑える方法も生まれています。

 

 

このように手軽に入れる事が出来るお茶ですが、だからこそ温度によって変わる味の違いに注目してみるのも良いと思います。

美味しい緑茶の選び方

緑茶には様々な種類があり、どれを選んだら良いか悩む場合があります。今回は美味しくて自分好みのお茶の選び方についてご紹介したいと思います。

 

 

美味しい緑茶のおすすめ産地

お茶の産地としては静岡や宇治が有名ですが、北海道・東北以外のほとんどの県で作られています。ポイントは茶葉の産地と加工が同じものを選びます。オススメは宇治・知覧・八女です。宇治茶は有名ですので比較的分かりやすいですが九州のお茶も香りが良く味も良いです。

 

緑茶は手揉みのお茶がオススメ

手揉み茶は全ての作業を人間の手だけで製茶しているのでお茶作りの原点と言われています。お茶の葉の形を残したまま製茶しているので、人の手の温もりと技が最高の味と香りを引き出します。手揉みを生かすだけの質の良い茶葉も入手しにくくなっているので希少価値は高いです。

 

お茶の見分け方

茶葉の外観、香り、味から品定めします。そして買うときのポイントは商品の回転率が良い店で少しづつ買うのが良いでしょう。少量買ったときでも小分けにして缶に入れておくことをお勧めします。緑茶が犬の健康に役立つ方法として痒みはある場合患部に緑茶湿布を適用することで効果があります。緑茶は抗菌性ですので、犬の皮膚の炎症の治療に有効です。

 

 

お茶の選び方は色々ありますが、各地域でお茶の特徴が違い味も異なります。地域ごとの味わいの違いを感じてみるのも一つの楽しみではないでしょうか。