緑茶に有る口臭予防効果について

緑茶に有るカテキンは、殺菌効果を持っているため様々な場面で使われます。
その中の一つが口臭予防の効果です。完全な対策というのは無理ですが、ある程度であれば緑茶で口臭予防を期待できます。

 

 

そもそも口臭は何が原因なのか

そもそもなぜ口臭が発生してしまうのかというと、口の中で雑菌が発生しそれが悪臭を放つためです。
口の中に残った食べかすや虫歯、歯周膿漏などが原因で口から悪臭を放つという訳です。

 

緑茶の口臭予防効果

緑茶にはカテキンが豊富に含まれており、口の中の雑菌を殺菌させるので手軽に口臭予防や口臭除去効果を出すことが出来ます。
また雑菌が発生しやすい理由として、唾液不足が上げられるので水分補給という言う面でもお茶は効果的です。
ただしすべてを殺菌できる訳では有りませんし、口内に食べかすなどが残っていれば口臭は発生します。また虫歯や歯周膿漏などが原因の場合、歯医者での治療を行わない限り治らない可能性もあります。

 

口臭の原因というのは沢山あり一概には言えません。なので緑茶で完璧な口臭予防や除去を期待できるわけではないのですが、手軽に出来る口臭予防策として出先などで口臭が気になる場合などに試してみるのも良いと思います。

糖尿病予防に緑茶が効果あり?

緑茶は私たちの生活習慣病予防として効果があると言われています。その中で今回は糖尿病予防についてご紹介したいと思います。将来糖尿病にかかりたくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

緑茶は血糖値を下げる

 

緑茶にはカテキンや天然の抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれており、それらの成分が血糖値の上昇を抑えるといわれています。また血糖値以外にも緑茶を飲む事で糖尿病の検査値が全体的に低下することが確認されています。

 

糖尿病予防には緑茶と運動

 

緑茶での糖尿病予防に必要なのが運動になります。緑茶には糖尿病改善効果があるが、運動をしなければその効果が発揮されないといわれています。緑茶と運動を上手く両立させることで糖尿病改善効果に加えエネルギー消費促進効果が得られます。

 

緑茶の効果的な摂取量

 

糖尿病に対して効果を期待できる緑茶1日の摂取量として1日7杯以上飲む事が予防につながるといわれています。緑茶を1日6杯以上飲む人とほとんど飲まない人に比べると発症率が約30%少ないことがわかっています。お茶の種類によって効果は若干違いますが基本的には糖尿病に効果的です。

 

食後や食事前に飲むと効果的で糖尿病予防だけでなく肥満の予防にもつながりますので身近にある方は積極的に飲むようにして下さい。