ノンカフェイン(カフェインゼロ)の緑茶効果

キリンが調査したアンケート結果によれば人が緑茶に期待する価値として大きいのは「休息・リラックス」がトップで、カフェインを摂りたくないという人が40%以上もいたそうです。

 

 

妊婦さんにカフェインは悪影響?

また妊娠中に飲む飲み物で気を付けなければならないのがカフェインです。カフェインは不眠や利尿作用といった妊娠中には赤ちゃんに悪影響となる副作用がでる可能性があります。

 

赤ちゃんの体内にカフェインが蓄積したら、子供が生まれてきた時に情緒不安定な子になりやすいそうです。

 

よって妊婦さんにもノンカフェイン入りの飲み物を望む傾向があります。

 

ノンカフェインの緑茶が飲みたい!

意外とノンカフェインの需要って大きいのですね。でも緑茶でノンカフェインってあまり効くことがないと思います。

 

が、最近はノンカフェインの緑茶というのもでてきましたね。

 

キリンビバレッジよりカフェインゼロのペットボトル緑茶が2014年に発売されました。

 

ペットボトル緑茶で100mlあたりのカフェイン検出量が0.001g未満というのは世界初だそうです。

 

どうやってカフェインを取り除いた?

どうやって含有量0.001g未満の極限までカフェイン濃度を低くすることができたか気になりますよね。

 

制作工程で茶葉からカフェインを抽出するのが一般的な方法です。ですがこの方法ではカフェイン以外の成分もかなり損失してしまうというデメリットがありました。

 

そこでキリンでは他成分の成分の損失を極力少なくした上で、緑茶の抽出液よりカフェインだけを取り除く技術を開発したそうです。

お茶が下痢の原因になることもある

緑茶は、世間一般では健康に良くダイエットや病気等に効果があるといわれていますが、飲み過ぎ等によりアレルギーや下痢を引き起こす場合があります。今回は緑茶が下痢をひきおこす原因や正しい飲み方などをご紹介していきたいと思います。

 

 

お茶が下痢の原因になることもある

 

お茶を飲んで下痢をするということはあまり馴染みのないことかもしれません。ただ、下痢をしやすい人にとってはお茶が刺激物のひとつになることもあります。それは緑茶に含まれているタンニンやカフェインが要因になっていることがあります。その反面タンニンは便を硬くする効果があることでも知られています。下痢の原因は個人差が大きいとされていますが、ひとつ挙げるとすれば下痢のしやすい人は濃いお茶といわれる類のものは比較的刺激が強いのであまり飲まない方がいいかもしれません。

 

 

緑茶の飲み過ぎは下痢の原因 

 

緑茶には様々な効能があると色々な所で紹介されていますが、だからといって緑茶ならば何杯飲んでも健康かというとそうではありません。のどがかわくとお茶をたくさん飲みたくなるものですが、緑茶にはカフェインが入っているので胃腸の機能を弱らせ下痢を誘発させることがあります。カフェインを含む飲料は、飲み方を注意しなければなりません。

 

 

正しい緑茶の飲み方

 

できるだけ冷たい緑茶は控え夏場でも常温かぬるめの緑茶を飲むと良いでしょう。飲む量も1日1000ml程度を目安にすると良いと思います。

 

 

緑茶は日本人にとってとても馴染みのある、健康に良い飲み物です。しかし、飲み過ぎると身体に悪い影響を与えることもあるので注意が必要です。